思い出の中のアル

2007年11月に16歳8か月で亡くなったアルです。助手席があくと後部座席から席替えしていました。

アル車の中


アルは1991年ゴールデンウィークに淡路島で開催されたヨットレースの会場にいた子犬でした。もらい手探しをする予定で連れ帰ったのですが、ケージにいれても騒がずおとなしくじっとしている子犬でした。大人になっても変わらず、「無口な」犬でした。
よく吠える犬かそうでないかは生まれ持ったものだと思います。
ミニチュアダックスフンドはよく吠えるという印象も持っている方がいらっしゃいますが、吠えないミニチュアダックスフンドもいます。
飼い主は「子犬の頃から吠えない」とおっしゃいます。
人間でもおしゃべりな人の口をふさぐことができないように、また無口な人にしゃべらせようとしても難しいように、犬もそうであろうと思われます。ただ、環境の中で吠える原因が何かある場合はその原因を取り除いてやるとおとなしくなることはあると思います。

ファイルにこの写真を見つけ、少し思い出にひたりました。
2015-06-08 : アル : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

思い出

(昔の写真をレコーダーで取り込みました)

左:アル♂ 右:あやめ♀
1998年初夏、芦屋川上流にて。アル7歳、あやめちゃん生後半年くらい。
アルは2007年11月に16歳8か月で、あやめちゃんは2012年8月に14歳7か月で亡くなりました。あやめちゃんは西区のジャーマンシェパードが産んだ雑種犬です。京都にもらわれていくまで3か月アルといっしょに生活しました。
ほぼ毎日車で山や川に連れて行って運動させました。どちらも脚力は強くなったようです。


ある&あやめ2


こちらは西宮市の川の上流。
2匹で穴掘りをしています。
ある&あやめ
2014-05-10 : アル : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

情報発信はここで

診療時間の臨時変更と休診はここでお知らせします。アルファ獣医科病院のHPは通常の診療時間帯・住所の確認、里親募集の応募時にご覧ください。
このブログでは病院の日常、人間と動物の健康、ペット関係の情報などを書いていきます。
診療は動物の負担と効果を天秤にかけて選択していきたいと思います。
お昼12時から1時までは予約タイムにしております。あらかじめお電話下さい。お待たせせずにゆっくり診察致します。

アルファ獣医科病院HP

現在、ホームページの「こんな子たちが待っています」と「応募票・フォーム(ウェブ送信用)」は表示できません。里親募集の子はブログで紹介します。
里親希望の方は、アルファ獣医科病院ホームページの「里親になる方に」をご覧になり、
・メール
・ブログ記事コメント
・Tel/FAX 078-413-0555
いずれかの方法でお問い合わせ下さい。
こちらからの質問はホームページ「FAX応募票」でご確認下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR