アルファ獣医科病院ホームページ
アルファ獣医科病院ホームページ(診療版)を作りました。
今後この診療版をアルファ獣医科病院のホームページとします。
  

うさぎ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000028-asahi-soci

うさぎの爪切り。
家でできないものか。
すべて今でなく、今日この指一本、明日もう一本という感じで家で切れないのでしょうか。
飼い主におさえてもらって爪切りしたらよかったかも。それができないから連れてきたのかもしれませんが。
飼い主がおさえていてあばれて背骨がおれたのだったらどうなっていたのでしょう。

うさぎは最近来院がなくなりました。
インターネットの病院プロフィールで診療動物を「犬猫」として以来、うさぎの診療依頼が減り、最近ではありません。

うさぎも、採血して血液検査して場合によっては静脈点滴をしたりしていたのですが、うさぎの保定は本当に気を使います。
うさぎだけでなく、フェレット、小鳥も犬猫の診療より気を使います。

2017-09-01 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4年ぶり、猫おうちにかえる

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00010000-gifuweb-l21

なにがきっかけで見つかるかわかりません。

動物に関する出来事は、当然、必然、偶然か?
でも、その関わった人、時間、場所などが違ったら、なかったかもしれないことはある。
2017-08-20 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

猫と記憶喪失

2週間ほど前、記憶喪失の男性が誰なのかをさぐる番組がありました。

ひとりは全く記憶がない状態でしたが、もう一人の方は自分が行ったところの記憶があり、駅でハイティーンアイスクリームを食べたこと、風景など覚えているようでした。どちらも若い男性でした。

何となく猫の行方不明もこの後者の男性のような感じではないかと思いました。
記憶がまだらではっきりしない。すっかり記憶がないわけではない。

それで飼い主がその猫がいるところにむかえに行っても、「えっ、誰?なんか見たことあるみたいな」てな感じで、家に連れ帰ってしばらくするとはっきり思い出し甘えてくる。
場所がきっかけとなり元の猫にもどる感じ。


2017-02-13 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

住吉川のかるがも

昨日の住吉川上流には、カップルx2、おひとりさま、ひなかるがものファミリーがいました。

こっち見てます
かるがもこっちむいている

カップル
かるがもカップル

2016-06-03 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

カラスの巣立ち

天井川にカラス一羽。
すぐそばに公園があるのですが、そこの大木に二羽のカラス。
たぶん二羽は親でしょう。
川に落ちているのは子ガラス?
カラスは巣立ち後、飛べるようになるまで地面にいる子カラスにえさを運んで育てます。
このカラス一家は、公園には子供たちが遊んだりして子育てには適さないと判断しすぐそばの天井川を選んだのか、偶然子カラスが降りたのか。
天井川は立ち入りできなくなっているので人間対策としてはいい場所です。
時々カルガモのカップルがいることがあります。
2016-06-01 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR