猫と記憶喪失

2週間ほど前、記憶喪失の男性が誰なのかをさぐる番組がありました。

ひとりは全く記憶がない状態でしたが、もう一人の方は自分が行ったところの記憶があり、駅でハイティーンアイスクリームを食べたこと、風景など覚えているようでした。どちらも若い男性でした。

何となく猫の行方不明もこの後者の男性のような感じではないかと思いました。
記憶がまだらではっきりしない。すっかり記憶がないわけではない。

それで飼い主がその猫がいるところにむかえに行っても、「えっ、誰?なんか見たことあるみたいな」てな感じで、家に連れ帰ってしばらくするとはっきり思い出し甘えてくる。
場所がきっかけとなり元の猫にもどる感じ。


2017-02-13 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

住吉川のかるがも

昨日の住吉川上流には、カップルx2、おひとりさま、ひなかるがものファミリーがいました。

こっち見てます
かるがもこっちむいている

カップル
かるがもカップル

2016-06-03 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

カラスの巣立ち

天井川にカラス一羽。
すぐそばに公園があるのですが、そこの大木に二羽のカラス。
たぶん二羽は親でしょう。
川に落ちているのは子ガラス?
カラスは巣立ち後、飛べるようになるまで地面にいる子カラスにえさを運んで育てます。
このカラス一家は、公園には子供たちが遊んだりして子育てには適さないと判断しすぐそばの天井川を選んだのか、偶然子カラスが降りたのか。
天井川は立ち入りできなくなっているので人間対策としてはいい場所です。
時々カルガモのカップルがいることがあります。
2016-06-01 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

かるがも

住吉川のかるがも(2015年9月22日撮影)
かるがも住吉川

同じく住吉川で。二羽のかるがも。
かるがも住吉川2

住吉川のそばを歩いていてかるがもに気づき立ち止まると近づいてきます。人間慣れしているようで、もしかしたらえさをもらったことがあるのかもしれません。
かるがもの食べ物は草の実、藻、たにし、虫、魚ですが、保護をした時、本に書いてあるえさということなら市販でアヒルやチャボの混合えさがあります。

そういうえさを使わない、あるいは他のものを併用する場合

・しじみ(このままでは食べないので、冷凍後解凍し中身をとりだして与える)
・わかさぎ(冷凍しておく)
・稚鮎(冷凍しておく)
・金魚藻
・海ぶどう(塩漬けのものは水につけて塩分をとる)
・ホテイアオイ(丸い部分をかじるのが好き)
・実(小鳥のえさいろいろー粟、稗他いろいろ)
                                    
    などが使えます。自然界では何を食べているか想像してそれに近いものを試してみます。

薬は少なめの水にいれておいてやると飲みますのでやりやすいです。その後たらいに多めの水をいれておいてやると水浴びをします。
かるがもは保護しているうちに羽の撥水性がなくなるので、できるだけ早く放鳥してやらなければなりません。
羽繕いはとても大切で、尾の部分からでる「油」を羽にすりつけて撥水性を保つようです。
常に水をかけるか、泳げるようにして羽繕いを促してやる必要があります。ただ屋内だと泳げるようにしてもあまり利用しないかもしれません。スペースのほとんどがプールで上がって休める場所が少しあるようなリハビリテーションスペースが必要かもしれません。
放鳥前に、泳がせて羽の撥水性がどのくらいか確認した方がいいです。

2015-09-26 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

狼爪2-アルちゃんうらやましがられる

こんなこと思い出しました。阪神大震災前の話。

ある小指のない人が、犬を治療に連れて来て、アルを撫でながら、


「お前はいいな。ようけい指あって」と。

2014-04-12 : 生態 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

情報発信はここで

診療時間の臨時変更と休診はここでお知らせします。アルファ獣医科病院のHPは通常の診療時間帯・住所の確認、里親募集の応募時にご覧ください。
このブログでは病院の日常、人間と動物の健康、ペット関係の情報などを書いていきます。
診療は動物の負担と効果を天秤にかけて選択していきたいと思います。
お昼12時から1時までは予約タイムにしております。あらかじめお電話下さい。お待たせせずにゆっくり診察致します。

アルファ獣医科病院HP

現在、ホームページの「こんな子たちが待っています」と「応募票・フォーム(ウェブ送信用)」は表示できません。里親募集の子はブログで紹介します。
里親希望の方は、アルファ獣医科病院ホームページの「里親になる方に」をご覧になり、
・メール
・ブログ記事コメント
・Tel/FAX 078-413-0555
いずれかの方法でお問い合わせ下さい。
こちらからの質問はホームページ「FAX応募票」でご確認下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR