fc2ブログ

カテーテル給餌

栄養補給するのならこの方法が猫に負担が少ないです。麻酔して設置するわけではありませんから。
ただし、保定が難しい猫の場合は危険ですから、性格を見極めます。
紫のかませる器具は猫用です。大きい犬用もありますが、犬はいつしたっけ?という感じです。
確か犬用の噛ませる器具はすぐボロボロになったような記憶があります。


カテーテル給餌2


<胃まで給餌するために必要なもの>
カテーテル-緑(14Fr)と黄色(16Fr)で太さが違います
シリンジ 30ml、50ml
缶詰(ヒルズa/d缶、カテーテルに通るものなら他のものでもOK)
真ん中の紫色のものは、これを噛ませて穴(写真には写っていない側に穴ひとつ)にカテーテルを通す
(犬歯が二つの穴に入り固定できる)
カテーテルに塗る食用油(アマニ油を使っています)←滑りがいいように

この方法は昔からの教科書に書かれているので、これを最初に試した方がいい。
胃にカテーテル設置はできるだけ避けた方がいいでしょう。
本来の病気以外に懸念材料が増えるので。

2018-11-10 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR