fc2ブログ

ラクトフェリン

ラクトフェリンを使ったサプリメントラクトフェリDXを紹介します。
口内炎やFIV・FeLV検査陽性の猫、それ以外で健康維持のために使用しています。少量の水に溶かして与えます。
鉄結合性により貧血にプラスに働くということです。

ラクトフェリ


<ラクトフェリンの特徴>
・ヒト母乳や哺乳動物の乳に含まれており、さまざまな機能をもった鉄結合たんぱく質です。
・母乳以外にも涙、唾液、鼻汁、胆汁などほとんどの外分泌液や羊水中に含まれ、血液中にも存在します。
・ビフィズズ菌の増殖、鉄結合能と関連する鉄吸収調節、抗炎症、抗酸化作用があります。
・特に抗菌・抗ウイルス活性についてはその強い鉄結合力によって病原菌の発育に必要な鉄を奪うことによりその増殖を抑制すると考えられています
・抗菌・抗ウイルス活性機能では、病原菌の細胞表面上のリポ多糖あるいはたんぱく質と結合することが抗菌作用と関係があると考えられています。
・外分泌液、粘膜、好中球に存在している他の生体防御因子であるリゾチーム、免疫グロブリン(lgG、SlgA)、分泌性白血球プロテアーゼインヒビター、抗菌ペプチド(バクテネシン、βディフェンシン2)などと協同して作用します。
・大腸菌や種々のウイルス(ヒト免疫不全ウイルス、ヘルペスウイルス、B型肝炎ウイルス等)が細胞に感染するのを阻害します

<ラクトパーオキシダーゼの特徴>
・ラクトパーオキシダーゼは母乳中に含まれ、鉄を含む分子量約80,000のたんぱく質です。
・細菌に対して強力な増殖抑制作用や殺菌作用を有します。
・ラクトパーオキシダーゼは乳や唾液などに含まれるチオシアン酸と過酸化水素の存在下でヒポチオシアン酸を産生する酵素です。
・ラクトパーオキシダーゼによって産生されたヒポチオシアン酸は細菌の細胞膜の能動輸送を阻害することによって細菌の増殖を抑制します。
・ポルフィロモナスやアグリガチバクターなどの口腔内細菌に対して殺菌作用があります。
・ストレプトコッカス、大腸菌及びシュードモナスなどの有害細菌に対して増殖作用があります。

<グルコースオキシターゼの特徴>
・βーD-グルコース(ブドウ糖)からD-グルコノー1,5ーラクトンへの酸化過程に関与する酵素であり代謝産物として過酸化水素を発生させます。
・過酸化水素の発生によってラクトパーオキシダーゼの細菌増殖抑制作用に利用されます。
2014-10-11 : サプリメント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR