乳のみ子猫の育て方(注意点)

http://www.tolahouse.com/sos/koneko/junyu.htm#junyu

授乳期の子猫を育てるときに上のサイトを参考にされるといいです。

育てる上で困ること
①哺乳器からミルクをのまない
母猫の乳首から哺乳器の乳首への移行についていけてません。
あごを動かすのであごが動きにくいように指で軽く押さえておくと吸うようになります。吸うようになるまで1日くらいかかることもあります。根気よくやって下さい。
特に3週令くらいになっている子猫は乳首に慣れるのに時間がかかります。離乳直前のような子猫の場合、シリンジでやる方法もあります。
基本は哺乳器です。

②どれくらい飲んだかわかりにくい
授乳する前と後で、哺乳器の重さか子猫自身の重さを計り差し引きして飲んだミルクの量を確認する。

③下痢しだし飲まなくなる
粉ミルクの量を少なくして与える。といっても吸わなくなるので不安になります。乳首をくわえてハグハグしていたら多少は入っていると思われますので、回数をひかえて様子を見ます。ビオフェルミンは効く感じがしません。消化酵素をミルクに入れて与えて下さい。こちらの方が効きます。
浄水器なしの直接の水道水使用はやめて、ミネラルウォーター(日本、日本のは軟水)にして下さい。

夜中にわざわざ起きて授乳しているケースの方がひどい下痢になっている感じがします。睡眠時間はきっちりとって日中3時間おきくらい5~6回授乳して下さい。

④便がでない
便はでない方が問題なく育ちます。マッサージを心がけていただいてもいいですが、それでも出ない、でも元気でミルクを飲んでいるなら大丈夫です。1週間出なくても育ちます。むしろ便が一日何回か出だすと下痢になって大変なことになるので、「便でない=大丈夫育つ」と思っておいて下さい。

やめた方がいいこと。
・複数の人(家)で回して育てること。状態の把握ができないのでやめた方がいい。

必要なもの
・ヒーターあるいはカイロ。低温やけどしないように上に起毛の布あるいはムートンみたいなものをしく。


以上思いついたことを書きました。

2017-07-01 : 飼育 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

情報発信はここで

診療時間の臨時変更と休診はここでお知らせします。アルファ獣医科病院のHPは通常の診療時間帯・住所の確認、里親募集の応募時にご覧ください。
このブログでは病院の日常、人間と動物の健康、ペット関係の情報などを書いていきます。
診療は動物の負担と効果を天秤にかけて選択していきたいと思います。
お昼12時から1時までは予約タイムにしております。あらかじめお電話下さい。お待たせせずにゆっくり診察致します。

アルファ獣医科病院HP

現在、ホームページの「こんな子たちが待っています」と「応募票・フォーム(ウェブ送信用)」は表示できません。里親募集の子はブログで紹介します。
里親希望の方は、アルファ獣医科病院ホームページの「里親になる方に」をご覧になり、
・メール
・ブログ記事コメント
・Tel/FAX 078-413-0555
いずれかの方法でお問い合わせ下さい。
こちらからの質問はホームページ「FAX応募票」でご確認下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR