fc2ブログ

すぐ断脚の道を選ばない

足先を失った猫

病院としては飼い主が問題点(出血するなど)を病院に言いに来るから選択肢として断脚のことを言っただけではないでしょうか。
脚に何か巻いて工夫しながら皮膚が強くなるのを待つ以外ないです。
どのような薬を選択するかは病院によって違います。

もし当院にこの猫を連れてこられていたら「待ちましょう」と言うでしょう。

というのも、

同じように後肢が骨折して先の方が欠損しなかなか傷が治まらない猫を複数飼っていたからです。
手当をしながら気長に待っていたら出血しなくなり治療は終わりました。
すっきりするまで数ヶ月~1年くらいみておいて下さい。
徐々に手当をする頻度が減ってきてある日「終わった!」と思う日が来ます。


2020-08-23 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR