fc2ブログ

姿を消す雑種犬ー犬事情

いつぐらいからでしょうか。
10数キロくらいの雑種犬を見かけなくなったのは。

大きすぎるでもなく小さすぎるでもなくちょうどいい大きさの犬。
犬といえばこのくらいの大きさが普通と思っている世代の人もいるでしょう。
病気もあまりなくて15歳まで生きるのがそんなに難しくない犬。
ここ10数年くらいでめっきり減りました。

外飼いの犬がいなくなったのが原因のひとつで犬の自由交配がなくなりました。
これも地域性があり、外飼いがまだある地域や野犬がいる地域では子犬が生まれてはいます。

近辺に住む小学生は生まれてから小型犬しか見ることがなく、10数キロの雑種犬を見ると「でっかい」と言う。

雑種犬の病院ファイルの病歴は少なく、亡くなるまで15年以上、ファイル内は数枚の治療履歴の用紙で終わります。

比較すると純種の犬は病気が多いです。
雑種犬ばかりの世の中になると今ほど動物病院はいらないのではないでしょうか。

2023-09-19 : 飼育 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR