fc2ブログ

禁忌であることはその都度言った方がいい

「X(twitter)」での話
吐いた猫が注射後亡くなる

この飼い主も注射前に再度言わなかったことを悔やまれています。

しつこいように思われるのがいやでしょうが、だめな薬剤がわかっているなら治療のたびに言って下さい。
病院側はたくさんの顧客を対象にしているので、忘れているかもしれません。

病院側はあやまるしかないし、まさか死ぬなんて思わなかったでしょう。
ペニシリン系の動物薬にアモキクリア(薬:アモキシシリン)がありますが、これはよく使う薬です。
この猫も以前このアモキクリアでだめだったことがあったそうです。
レアケースではないでしょうか。
抗生剤の何度かの服用で効かなくなるというのはあるでしょうが、亡くなるとは。

こうした悲劇を避けるために飼い主ができることは

・一度吐いたくらいで病院につれていかない。その後数日よく観察して吐く回数が多いなら考える。
(別にこの飼い主を責めているわけではありません)

病院側も一飼い主であり、自分の飼っている猫が一度吐いたからといってすぐに治療をするかといったらそうではないでしょう。
吐いてもしばらくしてまた食べるならよしとする。食べ物、飲水量、尿、便のチェックをして何か原因がないか探ってみる。
ぐったりしていない限りこれでいいと思います。

でも顧客が来院されると病院としてはそれなりのことをしないといけないなという感覚になります。

当院も開業以来たくさんの猫と時間を共有してきましたが、吐く、しばらく観察、また食べて今度は吐かないということならそのままで様子を見ています。その後投薬することもありますが。

吐いた後結構しんどそうにする猫の場合、心臓に問題があることがあります。
当院にいたアメショーかアメショーミックスの「じいたん」ですが、吐いたあとの回復が他の猫より断然遅かった。

よく嘔吐する中型の雑種犬は、消化器系が悪いのではなく心臓に問題があったことがありました。


2023-12-26 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR