fc2ブログ

能登半島のペット

能登半島で飼われていたペットの「捜しています」ポスターの画像がインターネット上にあげられているのを見ます。

犬猫がこれまでどのように飼われていたかで、今後の保護の扱いがかわってくると思います。

犬はどの地域であっても、災害後でなくても発見されれば捕まえられることになるでしょう。

猫は出入り自由な状態で飼われていたとしたら、捕まえてどこかに収容しない方がいいと思います。
猫を見かけた人はまず写真をとって確認できるようにしておきます。
近くでえさをやりに来ている人があるかもしれませんので、いきなりトラップで捕まえるようなことはしない方がいいです。

猫の収容はケースバイケースで考えた方がいいです。

1995年の阪神淡路大震災の数日後ガレキから救出された犬猫の治療をしました。
猫に関しては場所が変わるのが「天敵」です。
保護されたらまず食べるか確認します。しばらく様子見し、食べないなら先の太い注射器で給餌をスタートさせます。少しずつ給餌します。今はチュールというおやつがあるのでそれを利用したらいいでしょう。
病院での治療は頑張ってしないことです。
食べる、水飲む、排泄するの確認です。ある意味病院というより保護施設になります。

飼い主がどのような状態なのかで、その後がかわってくると思います。

追記:
救出された犬猫に血液検査をすると当然ながら脱水していました。
今でもよく覚えているのは、18日目に救出された犬です。少し治療して翌日飼い主に迎えに来てもらいました。やはり飼い主の手元に戻る、家が多少損壊があっても寝ることができるなら家に帰ることがペットには一番いいことです。
猫は救出後は、徐々に状態を元に戻していくことが大事だと思いました。様子を見ながら必要なら治療ということです。

本当は帰れる家があるなら家に帰って飼い主に見てもらうのが一番いいのです。それでだめなら治療するということで。
その帰れる家がないから問題なのです。

2024-01-18 : 震災 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR