fc2ブログ

断尾したブリーダー書類送検

書類送検された高知市のブリーダー「断尾しないと犬売れない」  愛護団体は「動物虐待だ」と指摘

トイプードルの高知県のブリーダーが自分で断尾していたため書類送検されました。

獣医師が断尾するとOKらしいですが、断尾なしで市場にだして本当のトイプードルの姿をさらけだしたらどうでしょう。
手を加えない尻尾が普通にあるトイプードルの方がいいという人もいるでしょう。

ミニチュアシュナウザーとドーベルマンの断耳というのがありましたが、飼い主が飼ってからする施術だったので、だんだんすたれていきました。
耳が鋭角三角形で、不自然でした。
飼い主も「この犬種はこうしなければならない」と思って切ってもらっていたようです。
する必要のないことをしなくてもいいと気づいたわけです。
最近どのミニチュアシュナウザーも断耳されておらず耳先が少したれています。

ドーベルマンも断耳されているのは最近はいないように思います。
飼う人も少ないですが。

断耳の反対で、耳先に重しをつけて垂れ耳にしていたシェットランドシープドッグ。
元々垂れたままの子もいるし、立ち耳であってもどちらでもいいのではないでしょうか。


2024-02-21 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR