fc2ブログ

鳥のひなを見つけたらどうするか

「野鳥のひなをひろわないで」というポスターを見かけます。7月22日神戸新聞朝刊の記事にもそのように書かれています。
でもそういうわけにいかない場合もある。それを見極めるにはしばらくその周辺で見張っている必要があります。
時間の余裕が必要です。


神戸新聞の記事 7月22日(土)
つばめ

つばめの飼育日誌 別館
ツバメレスキュー


この「つばめの飼育日誌 別館 ツバメレスキュー」はとても参考になるサイトです。

すずめ、つばめ、はと、カラスなど春から夏にかけてひなと遭遇する機会があります。
そうした時にどうするか。

落ちているつばめのひなに出会い、巣もみあたらない場合は、仮巣を作って親がくるか確認するのがいい方法でしょう。
作るのと見張るのとで時間が必要です。
作り方は上記サイトを参考にして下さい。




2023-08-01 : 環境 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

先住猫がいない方がいいのです

日本テレビ「嗚呼!みんなの動物園」 保護猫のりしろ

池崎さんも他の人も先住猫が居る方がさみしくないのでいいと思ってるみたいですが、違うんじゃないでしょうか。

メスで子猫でもない。ならば先住猫のいないご家庭に飼われた方が問題がない。

池崎家は2匹の猫、雷神&風神の「ひとがら」で後からきた猫とうまくいっただけです。

それと9ヶ月池崎宅にいたのならもう飼ってあげればいいのにと思います。
はっきり言ってかわいそうなことしているなと思います。
この番組に猫を提供している保護グループも提案しないのでしょうか。

譲渡会に猫を展示するのもどうかなと思います。
番組を視聴していたらどんな猫かわかるでしょうに。

追記
池崎さんの他の記事によると「もう飼ってあげたら」という意見はあったそうで、「他に預かりボランティアで助けたい猫がたくさんいるのでのりしろは誰かに飼ってもらう」と言っていたそうです。
どの預かり猫も飼うのがそう難しくもなさそうな猫です。
最初から飼い主を見つけてその家になれていってもらう方が時間のロスと猫への負担がないでしょうに。番組は成り立たないですが。



2023-07-31 : 放送番組 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

キプロス島の猫FIP治療に注目

「ネコの島」キプロスで感染症流行

キプロス島の猫をどのように救うのか注目したい。
ここでの治療がきっかけとなり、FIP治療薬が安くなってくれればいい。
2023-07-24 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

新しい丸ベッド

しろちゃー 4歳10ヶ月 太っている
シロチャーと丸ベッド

ぐる 17歳9ヶ月 やせている
ぐると丸ベッド

2023-07-07 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

犬椎間板ヘルニアとコルセット

計測してコルセットを作ってもらいました。届くまで貸し出し用のコルセットをつけてもらいました。

椎間板ヘルニアコルセット

色は他に白、黒、茶、迷彩色、ピンク&グレーがあります。
このブルーは人気です。

2023-07-05 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

真実は第三者の手によって隠されてしまう場合がある

似てる…と思いきやうちの子だ!行方不明になった愛犬と、半年後にまさかの場所で“奇跡の再会”【動画】

「柱につながれていた」ということで「捨てられた」とされたのでしょうか。
柱につないだのはその後発見した人で、飼い主がいない犬ということにはなりません。


何年か前、当院の顧客が「フェンスにつながれている捨て犬がいる」と通報してきたのですが、

「車にひかれたら困るので見かけた人が気を利かしてつないだのかもしれない。見かけた人は用事があるのでずっと見張ってられなかったのかも。飼い主が捜してないかあたりを見回して下さい」

というようなことを伝えました。

しばらくしてやはり飼い主は捜していて無事飼い主の元にかえることができました。

いろいろな迷い動物は飼い主の次に関係する人によって一方的な憶測で判断されることがあります。

保護活動をする人のなかにはすぐ「捨てられた」かわいそうな動物とする人があります。
想像力が必要です。決めてかかってはいけない。

迷い動物を見かけたら警察に遺失届けがでてないか確認が必要です。
それと迷い動物サイトのチェック。

2023-06-14 : 保護 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

迷いインコ


インコロビン捜し


スーパーマーケット「LIFE」に5月中貼られていたポスターです。

チャットラーのポスターもこの横に貼らせてもらったのが5月12日だったと思います。
期限は1ヶ月なので明日にでもはがしにいきます。

この迷子インコのポスターも「LOSTPET」のサイトを利用して作成されてました。
2023-06-10 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

がんと誤診されやすいIgG4関連疾患

日刊ゲンザイ5月30日の記事です。
IgG4関連疾患

<記事抜粋>
IgG4関連疾患は免疫タンパク質の一種、IgG4を作る細胞やリンパ球が異常に増えて炎症が生じ、腫瘤ができる疾患。
腫瘤がよくできるのが、膵臓、胆管、涙腺、唾液腺、リンパ節、腎臓。
複数箇所に同時にできることもあれば、時間差でできることもある。

がんとは違い良性。
しかし、炎症や腫瘤の肥大化で臓器が閉塞・圧迫され、機能不全に陥り、重篤な合併症を伴うことがある。
治療はステロイドの投与。

がんとの識別判断のため組織を取り生検を行えばわかるのですが、組織が取りづらい臓器に腫瘤ができると生検は難しい。
IgG4の数値でがんか腫瘤かの決めてにはならない。

大半の患者はステロイドでIgG4関連疾患による症状は消えるが、ステロイドの減量や中止で再燃する人がいる。
そういう患者には3年ほどステロイドを少量投与して経過観察。

獣医療において腫瘤ができても組織生検にまでいきたい飼い主がどれくらいいるか。

まずステロイドを使って腫瘤が消えるならそれにこしたことはない。
2023-06-09 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

迷子柴犬ー六甲アイランド


迷子柴犬六甲アイランド2023

近所の田中町4丁目に貼られていました。

5月9日より六甲アイランドでさまよっているようです。

7歳の柴犬オス
名前:カイ
5歳まで繁殖犬で人にも犬にも馴れておらず、捕まえようとしても逃げるようです。


2023-06-08 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

黒子猫の里親募集終了

黒子猫の飼い主が決まりました。

2023-05-30 : 里親募集 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

里親募集中の子猫

黒猫2023A   _DSC0409.jpg   _DSC0408.jpg   _DSC0405.jpg   _DSC0407.jpg

2023年2月下旬生まれの女子
仮の名 くうちゃん
白い胸毛と腹毛あり
しっぽ短め


人間になれました。

エアコンで温度管理していただける方募集します。
(エアコンつけないおうちで夏具合が悪くなっている猫がいますので。いくら治療しても家で温度管理していただかないとまた同じことです)
2023-05-21 : 里親募集 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ムナジロガラス

捜していたムナジロガラス見つかる

行方不明のムナジロガラス。

珍しいので印象的だったのですが、数日前twitterでこの鳥を見かけたという情報があがりました。

今日LOSTPET.JPを見ると保護されたということでよかったです。


2023-05-17 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

小鳥の捜索

小鳥の捜索

ある番組での真鍋かをりさんの発言が非難されているそうです。

小鳥の捜索は、難しいですが、絶対無理ということはないです。

昨年11月中旬からコザクラインコを捜していた人がありました。
12月、犬の顧客が当院ガラスドアに貼っているポスターを見て、数日前庭で亡くなっていた小鳥ではないかということでした。
色が鮮やかで印象的だったそうです。

インコの飼い主に連絡して、埋めたインコを掘り起こし確認してもらったら、捜していたインコだったそうです。
この犬の飼い主しょっちゅう来られる方ではないので、この日来院されなければインコの飼い主はもっと長く捜索していたことになります。

残念ながら亡くなっていたのですが、ポスター作って捜さないことにはなにも始まらないことは確かなのです。
2023-05-08 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

迷子のインコは多い

LOSTPET.JPの目撃保護

迷子動物サイトの「LOSTPET.JP」で目撃されたり保護された動物が掲載されているのですが、インコが多いです。
迷子になるインコは多いということです。猫も多い。

2022年の7月に当院で貼り紙をしたオカメインコは、保護した人が警察に届けていたため連絡があり無事おうちに帰ることができました。
こんなふうに元のおうちに帰れるインコは少ないのだろうなと思います。

LOSTPET.JPの他にも迷子ペットサイトはありますが、目撃や保護の情報提供が多いのがLOSTPET.JPです。

今後見かけない動物を見かけたら写真を撮って迷子サイトにあげておこうと思います。

2023-05-07 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

保護した動物は「おとしもの」

長く保護活動をしているベテランの保護活動家は、動物を保護したら必ず警察署に届けるようにしています。

動物は「落とし物」と同じ扱いです。3ヶ月「保管」しなければなりません。

警察に届けがだされない保護猫というのは結構あるのではないでしょうか。耳カットされているのでのら猫と判断されて。

不妊手術時にはのら猫であったかもしれませんが(または飼い主のいる迷い猫)、今は飼い猫というのは多いと思います。

保護したら必ず警察署に届けるのと、インターネットの迷い猫(迷子猫)サイトに掲載されてないか確認していただきたいです。



2023-05-04 : 保護 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チャットラー捜索

チャットラー捜索は、別猫の情報(JOHO1)がありましたが、進展はありません。
JOHO1のところへいくと、えさの容器があり、以前より世話をされている様子。
その猫に遭遇。人馴れした耳カットありの茶トラ猫オス。

山手幹線より少し北には茶白のオス猫Aがいます。

この近辺では茶白の猫はそう多くなく、JRよりすぐ南にオスの茶白猫B(耳カットなし)がいます。

茶白猫の把握はこの近辺ではAとB2匹のみ。今のところ。

茶白は目立ちやすい色だし、そう多くないので、どなたかが見かけた場合チャットラーという可能性は高いです。


2023-05-04 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

黒子猫の里親募集


黒猫2023A


2023年2月末生まれ
メス

あるところで具合の悪い成猫を捕まえようとしたところこの子猫が捕まってしまいました。

4月初め、初めて人間に抱かれた頃はかたくなっていましたが馴れてきました。
人間より同族の猫好きという感じです。今のところ。

胸とお腹に少々白毛があります。



2023-04-30 : 里親募集 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

餌場を知りたい

前から猫の餌場の情報が手に入ったらいいと思っていました。

猫を見かけたら、どこで「ごはん」を食べているのだろうと思います。

もしこのブログを見ている人のなかにこの近辺で自宅あるいは他(たとえば駐車場の自分の車の下など)におき餌している人がいるならこっそり知らせて下さい。誰にもいいません。

078-413-0555
chchi06@yahoo.co.jp

2023-04-24 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

西岡本のつしま


マンガ「俺、つしま」の主人公の猫のつしま

俺つしま


近辺にも「つしま」によく似た猫があらわれます。

ちょうどチャットラーの捜索をしている最中「西岡本のつしま」に小雨の中出会いました。
つしまには毎日会っているのですが、この日を最後に見かけなくなりました。
チャットラーが現れたから姿を消したのかと思っていたのですが、

19日(水)の夜、4日ぶりに現れ、今日午前中また現れました。

西の大きいマンションの排水工事が先週から始まったため、警戒していたのだろうと思います。

つしまは2018年秋以降夜だけ現れるようになり、去勢手術しようと思っていたところ、ある日耳カットされていることに気づきました。この近辺でTNR活動をする人がいるということです。

西岡本のつしまはたぶん当院にいる「大二郎」の兄弟だと思われます。たぶんですが。
外見がよく似ているのもあるのですが、どちらもしっぽの先が微妙に曲がっているのです。
2018年5月以降にブログ記事に登場している第二の子猫が大二郎=ダイちゃんです。当時は誰かが置いていったのではないかと思っていたのですが、西岡本のつしまが兄弟だとしたらやはり近辺で生まれた猫で自分でやってきたのだろうと今は思っています。



2023-04-22 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今後のマスク着用は自分で選択

新型コロナに対してここ数年間当院内での変化といえば

・SARAYAの消毒液がでる器具をおいたこと
・マスクをする

ぐらいでした。

もともと当院は西側に大きめの換気扇があり、北と南がドアで3方からの通気ができるのと、部屋を区切っていないので換気がしやすいのです。
部屋を細かく区切って換気扇がなければ空気がよどみます。


病院メンバーはマスクを今後もする予定なのですが、来院される方はマスクなしでもOKです。

2023-04-21 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

茶白のチャットラー捜しています

茶白の猫を見かけたらお知らせください。このポスター写真は拡散していただければ助かります。


チャットラー再


昨年より当院に滞在していました茶白猫のチャットラー(チャトラー、ちび)が14日(金)の夜の8時台に脱走してしまいました。

裏駐車場のうちの車の下や西隣の駐車場の車の下にいるのを確認していたのですが、その後の消息は不明です。
もともといたところで世話をしていた人に夜中にきてもらい雨の中捕獲をこころみましたが、いつのまにか車の下から姿を消していました。

間が悪いことに、首輪は電話番号がわかりにくいのでネームテープをつけるため外してしまっていました。

雨も3日くらい降り続くし、最悪です。

外の生活にはなれていますが、この近辺での外生活にはなれていません。

「ある家にあらわれて、えさをもらい、その方が上のポスターに気づいて連絡してくれたら」

と淡い期待をしています。


1件確実な情報があればその辺にとどまっているはずなので安心できます。



2023-04-20 : 探しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

とらちゃん見つかる

2022年10月に骨折手術した猫。
10月18日のブログ記事で当時のことを書きました。

12月に退院して飼い主宅で生活をしていましたが、3月21日の夕方脱走してしまいました。

飼い主宅の近辺で生活していた元のら猫だったので見つかる確率は高いと思っていたところ、30日夕方飼い主が確保しました。
飼い主宅のすぐ近くでした。

確保後2時間ぐらいは興奮してないていたそうです。
2010年当院のグルが一時外にでてしまい1週間後連れ戻した時も同じように2時間くらい興奮して鳴いてウロウロしていました。

出血があったようで、翌日落ち着いてから連れてきてもらいました。
左前肢は以前の事故で短くパッドがないので、少し傷がいっていました。
左後肢は爪がひっかかったのか出血していました。
でもたいしたことはない様子でした。

見つかってよかった。




2023-04-03 : 捜しています : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夜間救急病院の記事

「救急動物病院」取材で知る、"犬の血液型は8種類" 肉球でわかる病気、夜間に多いトラブルは?

輸血はドナーはほぼいないと思って治療にあたっているのが現状です。

夜間救急病院に走らなくても、翌日のかかりつけ医でもいい場合は結構あると思います。

あまり採血の場所(首、前肢、後肢)のことが述べられることはないのですが、前肢の血管は今後の静脈点滴のためにおいておきます。

試験合格の看護師の仕事にマイクロチップ装着が加わるのではないかと思われます。



2023-03-26 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

事故による猫の骨折

ブログやクラウドファンディングでのら猫(保護猫)の骨折治療の概略を知ることがあります。
テレビの動物番組などで脚のない猫のストーリーを知ることもあります。
断脚は開放骨折の場合することが多いでしょうが、病院としては断脚以外の道があるのならそちらを選ぶべきだと思います。命か脚かということなら命ですが。

クラウドファンディングではX線撮影写真と病院からの説明文がのせられています。
人から資金を提供してもらう立場から、できるだけ詳細に状態を伝えた方が信頼がもてます。
それによると大腿骨の骨折で断脚された猫。
開放骨折でもないし、断脚するくらいならそのままにしておいた方がいいのではないか。

数年前、のら猫の大腿骨骨折で病院にいき「整復手術」と「ギプス」の二択で後者を選んだ保護人たちがいました。
ギプズがそろそろとれる頃にその病院でX線写真をとってもらいました。
写真によると骨はジグザグ状のようでその病院では「(つながっていないので)手術もできます」とされ、今さら手術もということで保護人が相談にこられました。

脚はギプスで「すれる」部分に炎症があり、時期的にもギプスを外してもいい頃なので外して、脚のチェックをしたところきっちりつながっていて歩けるようでした。
骨は一見バラバラに見えても骨膜でつながっており、固定しているうちにみるみる自己整復していったようです。
事故から1ヶ月もたってなかったと思います。

ギプスした病院もギプスを外して直り具合をみたらよかったのだろうと思います。
認識がかわったでしょう。

その後その猫を飼うようになった人は犬も飼っていて、その後何度かこられる機会がありましたが室内で歩行も問題なく生活しているとのことでした。

猫は大腿骨の左右の長さが違っても問題なく生活できます。

後肢なしで生きていくことはできるし、長生きもできます。
けれど、高齢になった時に「やはり四つ足はあった方がいいね」と実感はします。


2023-03-14 : 医療 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

猫の殺害

埼玉県戸田市の中学校の教員が切りつけられた事件。
犯人は17歳の高校生でした。

この事件の前には近辺で猫のバラバラ死体があったそうです。

20数年前の神戸市須磨区で学校の校門に子供の首がおかれた事件。
その前にも何人か襲われて死傷者がでました。

この須磨区の事件の前にも、のら猫の世話をしている人が何度か近辺で猫の死体を発見していました。
当時警察はたいしたことではないと思っていたようです。

身近な小動物に危害を加える人はその後対象が人間に向かうというのは欧米ではよく知られたことなのですが、
当時そういうことをいっても「欧米ではそうだろうけれど日本は違う」という獣医師もいました。

その後須磨の事件の犯人が中学生で以前より猫を殺していたということが世間に知られるようになり、警察の動物虐待に対する対応も変わっていったように思います。
須磨区の事件より少し前、ペットショップや動物病院の子猫の里親募集を狙って子猫をだましとる若い男女の事件がありました。
女のアパートまで行って子猫の行き先を問いただすと「近くの川に流した」「原っぱに捨てた」と答える。
近所の原っぱにいくと確かに子猫の骨一体見つかりました。確かに死んだ子猫はなかにはあったでしょうが、他の何十匹もの子猫の行き先はどこなのか。
その後もう一度この男女に問う機会がありましたが、「男が感情のままストレス発散で殺した。そのため女が子猫を集めた」というのがふたりのこたえでした。
それでも、実験動物として売ったのではないかという疑念は残っています。

須磨区の事件後は、このカップルの男性の方が須磨区の事件の犯人リストにあがり警察の調べをうけたようでした。
ようやく警察も真剣に動物虐待を考えるようになったのです。
2023-03-03 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

テレビ番組の預かりボランティア

二子山親方と保護猫“ブルー”の関係に急展開 “猫おじさん”ことサンシャイン池崎も感嘆
動物関係の番組はよく見るのですが、この番組は有名人宅で人馴れしてない猫が変化していく様子を見る番組です。

もう預かりボランティアは卒業して、そこの生活になじんだらそのまま飼ってあげればいいのにと思います。

そうなるとその有名人宅での撮影が終わるので番組が成り立たないわけですが。

猫の習性からいって場所をいろいろ変えるのはよくないことで、病気のきっかけになるかもしれないので見ていて不安になります。

2023-02-20 : 放送番組 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

アルファ獣医科病院ウェブサイト

こちらから↓↓↓

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR